• ホーム
  • 喫煙がEDの原因になってしまう!?

喫煙がEDの原因になってしまう!?

悩んでいる男性

タバコは百害あって一利なしと言われており、喫煙によって様々な病気を引き起こす原因となります。
ガンや心臓病、高血圧などの病気はよく知られていますが、EDも喫煙によって引き起こされる要因となっています。
実際にED患者の約80%の割合が喫煙者であり、ベットインをしながら、途中で喫煙をするとさらに勃起不全の状態が続いてしまいます。
この状況はタバコEDと呼ばれているもので、タバコを吸うことにより、陰茎の血管を収縮させる作用があるため、魅力的な女性を目の前にしても健全な勃起が起こらず、勃起不全になってしまうのです。
陰茎は血管で出来ており、複雑な血管網があります。
勃起が起こる仕組みは、陰茎海綿体に通じる動脈に血液が満たされることにより、勃起が起こるのです。
しかし喫煙をすることにより、陰茎の血管がしぼんでしまうため、健全な勃起が起こらなくなってしまうのです。
喫煙をすることにより、心拍数が早くなり血圧も上昇し、真菌収縮力が強くなっていくため、身体にも悪い影響を与えてしまいます。
タバコを吸わない方でも、性行為後は心拍数が早くなるため、平常時よりも心臓発作のリスクが3倍に高まります。
さらにそこへ喫煙を行うことによって、心臓への負担は相当なものとなりますので、心臓発作のリスクは倍以上に高まることでしょう。
現在、EDの治療として治療薬を服用されている方は、喫煙により治療薬の効き目がなくなってしまいますので、健康のためにもタバコをやめることが一番の解決策となることでしょう。
また子供を望まれている方は、喫煙により勃起力が低下したり、精力減退する以外にも、精子の質と量が低下してしまうため、男性不妊の原因となりますので、タバコはやめた方がよいでしょう。
タバコは気分を落ち着かせる効果があると誤解されている方もいらっしゃいますが、実際は、その逆で、タバコを吸うことによって精神状態がイライラとします。
ストレスがかかる状態になるため、さらにEDの症状を深刻化させるものになってしまうことでしょう。

ニコチンがEDを引き起こす原因になる?

タバコには、4000種類以上の化学物質が含まれているといわれています。
そのうち50種類以上の発がん性物質が含まれているので、タバコを吸うだけでガンになる割合が高まります。
またニコチンには強い依存症がありますので、EDに悩んでいる方は、今すぐ禁煙をした方がよいでしょう。
タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があるため、陰茎海綿体の血管がしぼんでしまうため、ニコチンはEDを引き起こすと言っても過言はありません。
健全な勃起をするためには、陰茎の海綿体の毛細血管が健康であり、海綿体に血液が流れ込むこと、陰茎への神経の伝達がスムーズに起こっていること、精神的にリラックスしている状態が必要です。
しかし喫煙を続けていると、ニコチン以外にも、タバコに含まれている有害物質によって、毛細血管が損傷し、それにより血流が悪化し、陰茎を繋ぐ神経細胞も損傷していきますので、さらにEDの症状は深刻なものになっていくことでしょう。
ED以外にも、前立腺の炎症や、鬱などの精神状態にさせてしまうため、健康な勃起ができなくなっていきます。
他にもニコチンが体内に入ることによって、体内のビタミンやミネラル、酵素が失われていきます。
これらの成分は、男性ホルモンであるテストステロを作るのに必要な成分でもあります。
そのため男性ホルモンが作られなくなってしまうため精巣機能が弱くなり、精子の数が減少し、精子の能力の低下、受精能力の低下、精子の染色体異常などが引き起こります。
健康やEDの改善のためにも、タバコは今すぐにやめた方がよいでしょう。
禁煙することによりED治療薬の効果も高まりますので、EDを本気で改善したいという方は、頑張って禁煙しましょう。

関連記事